Quotes

ジオング名言集

ジオングのドラム哲学や練習に関するヒントなど普段思っていること(自分に言い聞かせてること)を綴ってみました。

■如何に脱力して叩くかを意識することと、如何に必要最小限の力で叩くかを意識することは、似てるようで全く違う。


■もはやリズムパターンもフィルインもほぼ出し尽くされているから何をやっても結果的にパクリになる。でもそれでいい。拾ってきたものにオリジナルのスパイスをちょこっとだけ足してしれっと自分のものにしてしまえばいいのだ。逆に考案したものがたまたま誰かと同じものだったとしたら、それはそれですごいことじゃねーか。


■継続できるって才能だよな。5分でも10分でもいいからとにかく毎日毎日365日休まず練習できるか?これかなり難しいぜ。


■練習すればするほど自分がヘタだと思い知るってことはだ、それと同じだけ上達してるって証拠なんだぜ。


■バンドに対するドラマーの不満を代表して言う。拍をそれぞれできちんととるのはその場の演奏者全員の義務なんだぜ。ドラムを都合のいいメトロノームと勘違いしたらあかん。


■練習を録音しろ。そして聴け。そのヘタクソは間違いなく今のお前だ。  


■うまいドラマーが必ずしも化け物じみた超絶テクを習得しているとは限らない。彼らの引き出しはむしろ至ってシンプルなのだ。うまいプレーヤーは単に、そのシンプルなネタの使い方がうまいのだ。


■うまいプレイヤーが習得している化け物じみた超絶テクがあるとすれば、それは長年にわたり熟練された基礎だ。


■上手い人ぶってすごいことやってやろうと意識するととたんに失敗する。


■練習は完璧にさせるのではなく固定させるだけ。間違った方法や内容で練習してしまうとその状態のものを習得するんだぜ。


■極論を言うとだな。フィルインなんかいらねんだよ。


■スネアとかシンバルをひとつだけ抱えて写ってるドラマーのアー写、あの無理やり感が実に痛々しい。


■ドラムの練習で大事なのはスローテンポでも演奏できるようにすること。スローなときにこそコントロールできているかどうかが顕著に現れるからだ。早いテンポで叩けるからと言って必ずしもコントロールできているとは限らない。


■誰を意識して縮こまってるのか知らないけど、オーディエンスのほとんどは楽器の素人だぜ?何をしたって粗さがしする玄人なんかほっといて楽しめばいいのさ。


■楽器の演奏がうまくて同業者から崇め奉られる優越感を得るより、素人に感動してもらえる演奏を届けられるようになる方がよっぽど満たされる。