虜になったグルーヴ

こんにちはジオングです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。


今回はバンドの話はナシだ。


代わりに6年ほど前、ドラムネタを集めるために当時YouTube動画を夜な夜な漁っていた頃に見つけてしまったひとつの忌まわしき動画、それにまつわる挑戦と挫折と、そしてここにきての再開について話そうと思う。


1億5千万のファンの皆様ご存じのとおりジオングは泥臭い黒人系ファンクに相当魅入られている。ファンキーになれるなら…いや、黒人女性になれるなら例の交差点で悪魔と契約を交わしたっていい。※知らない人は「クロスロード伝説」でググってくれ。


なぜ女性なのかは詮索しなくていいぞ別に深い意味はない。いやあるけど今そこは重要じゃない。それだけファンクに陶酔しているんだということが伝わればそれでいい。


さて”FUNK”をキーワードに検索かけて該当結果をかたっぱしから開いていたときのこと、ことの発端となるあるひとつの動画を発見する。


まずはそれを見てほしい。

なんというファンキーか!!この動画を見た当時、ものすごい衝撃とともに一瞬にして

虜にされてしまったのを今でも鮮明に覚えている。


 なんじゃこりゃああぁぁぁああぁあぁ!!!
 こ、このカウベルはっ!?
 このグルーヴはぁぁーーーっ!!?


さっそく見よう見まねでやってみるが…


できるわけがない!


いやこれはほんと、稀に見る難解な手順を要求されるグルーヴだ。ドラムって楽器はかっこよく聴こえるけどやってることは意外とシンプルというものが結構あったりして特にジオングみたいな横着者はそういったおいしいネタを好むのだが、これはさすがに一筋縄ではいかなかった。


かなりの覚悟と熱意を以て練習した結果、グルーヴの一部をすこぉ~しできるようになりはしたが、その先がどうにも発展できずに挫折。挑戦という言葉から縁遠いところにいるジオングは早々に諦め、その後ほったらかしにするという負け犬っぷりを発揮するのだった。


実はイキってそれを少し使っている動画があるのだが、使いこなすといったレベルには到底達していないのが経験者ならお分かりいただけると思う。冒頭30秒、オリジナルと比較すると甘さは一目瞭然だ。※これ1年くらい前の動画つまりオリジナルに出逢ってから5年以上経過しててこの体たらく。まあ何もしないままよくぞこれだけ維持できてたものだと関心する。

結局このグルーヴは続きを練習することなく今日まで月日が流れたのだが、先日部屋の楽器の整理をしてた時にすみっこに追いやられて横たわる無残なカウベルを見て申し訳ない感情があふれ出すと同時に当時の気持ちがよみがえる。


どうぜまた挫折するぜ?


すぐに予感が頭をよぎったけど実際はどうだ。6年越しにしてようやく再開した練習、これまでほかの練習をしてたことも助けとなったのか、自分でも驚くくらい以前とは比べ物にならないほど手順や法則などおさえるべきポイントを理解できるようになっているではないか!


総合的に上達していたのだ!

これひょっとしたらできるかもしれん!!


もうちょっと時間はかかりそうだけど、もしマスターして自由にインプロって遊べるようになったら自慢動画を撮ってアップしよう。


満面のドヤ顔とともにw



……。


どーかこのブログが失敗フラグになりませんように。。。

ZoD Channel Website

ZoD Channel Website -Zeong's Drums and Music-

0コメント

  • 1000 / 1000